レオン

Dscn3614

2016.8.15
14歳5ヵ月。

最後の最後まで頑張ってレオンは天国に行きました。

何度も何度も頑張って。

たくさんの幸せをありがとう。

華と仲良くね。

レオン13歳の秋

Dscn3335

Dscn3363

お久しぶりです。

レオンは3月に13歳になって、だいぶん見かけもおじいさんになってきました。

私からしたらまだまだ子犬なんですけど。

歳を重ねるごとにわがままになってちょっと嫌なことがあると怒られます(笑)

病気することも多くなって薬も手放せませんが、電車での近くへのお出かけは今も出来ています。

もう少ししたら紅葉も見に行きたいなぁ。

さて、私の方は最近のイベントと言えば、ごろうちゃんの舞台とひとり旅です。

舞台はとっても素晴らしくって涙が出そうなほどでした。

ひとり旅はすっごく思い切って、構想1ヵ月で計画を立て、3泊4日の別府、道後温泉めぐりをしました。

移動にはフェリーとバスと電車。

初めてひとりでフェリーに乗り、初めてひとりで高級?旅館に泊まり、ハプニングもありましたがとっても充実した旅行ができました。

写真をたくさん撮ってフォトブックに仕上げてニマニマしています。

そんなこんなで私は元気にしています。

皆さんはお元気かな~?


続くラッキー

4月の終わりから慎吾くんと剛くんが東京で二人舞台をしています。

客席が450席ほどしかない小さな劇場なので、チケットをとるのは至難の業だと思っていましたが、案の定申込みした先行もすべて外れて、一般発売もとれませんでした。

二人芝居で二人の夢だった舞台なので、今回はどうしても見たいと思っていました。

こんな舞台は最初で最後だろうし、私もその夢の目撃者になりたいと。

私にしては珍しく何か手段はないのだろうかと、売り切れたチケットに何度も電話をかけてみたり、キャンセル分の再販を狙ってコンビニまで足を運んでみたりとやれるだけの努力をしました。

でもどんなに探してもチケットはもうありません。

諦めるしかないのかと思っていたところに、当日券のお知らせ。

当日、10時に電話をかけて整理番号のとれた人だけが入れるのです。

電話なんて繋がったことがないよ。と取れる気がしないけど、ここまできたら執念です。

電話ができる日は、10時から何百回のリダイヤルをし、「終了しました」の声が聞けるまで掛けました。

実際番号がもらえる人は30人ぐらいのようで、そのキャンセル待ち番号をもらえるのが10人ぐらいのようでした。

全国からチケットをとれなかったファンが電話をしているのに、繋がるはずないよねと、繋がったら奇跡だなと思っていました。

そして5月8日も奇跡を願って電話をしていました。

30分を過ぎた頃、ナビダイヤルにお繋ぎしますの声。

え??終了じゃなく繋がった?と慌てているとオペレーターさんの「チケットぴあです」の声が。

え?え?え?リダイヤルしているうちに違う番号を押したのか?と思って聞いてみると合ってる。

予約できますか?と聞くと、14:30の回はできます。19時の回はキャンセル待ちです。

お化粧もしていなかった私は、今から昼の回にはとても間に合いそうになく、いちかばちかキャンセル待ちに賭けてみることにしました。

19時の回でとお願いすると、キャンセル待ち2番になります。と。

集合は10分前で、入れるかどうかは行ってみないとわかりません。

そこから慌てて用意をし、行き方を調べ、新幹線を予約し、帰りの夜行バスを予約し、あたふたと用意をして家を飛び出しました。

2番なら入れるよね?大丈夫よね?と思いながらドキドキです。

渋谷から劇場までも迷ってしまい、スマホを見ながら何とかたどり着きました。

時間まではまだまだあったので、違う階をぶらぶらしたり、緊張で何度もトイレに行ったり。

すると、見覚えのある人がこっちに向かって歩いてきます。

その空間にはその人と私しか居なくて、うわ、どうしよう。すれ違う。

これから観ますって言おうか。でも入れるかどうかわからないし。気付かない振りをした方がいいのか・・・

今回の舞台の演出の三谷さんでした。

結局声をかける勇気は出ず、すれ違いざまに軽く頭を下げてみました。

三谷さんもそれに返してくれた気がします。

10分前になったので劇場に行くと、キャンセル待ち番号順に呼ばれて本人確認があり並ばされます。13~4人くらいの人が居たと思います。

1番の方が呼ばれてチケット代を払いに行きました。

すぐ、2番の方もご用意できますのでお金の用意をしてください。と言われ、やった!と心でガッツポーズ。

そのまま入場し、パンフレットを買い、席を探します。

席はG列のセンターブロックでした。

すごく見やすいところで、後で調べてみたらどうやら関係者席がこの辺りに作られるのだそう。

そういえばお隣はスーツの男性2人でした。きっと私の席は関係者のキャンセル席だったのでしょう。

舞台はほんとうに2人のセリフのやり取りが面白く楽しく、終始笑いが起きているような舞台でした。

帰りの夜行バスで一睡もできないまま家に帰り、お昼から仕事に出ました。

ほんとうに奇跡だったなと思います。

諦めないでよかった。

二人の夢の舞台が見れてほんとうによかった。

まだチャレンジ中の皆様、最後まで諦めずにがんばってください!

私は次は友達の為に、もう一度奇跡を起こすべくがんばります。

東京

名古屋の私の誕生日、アリーナの席はメインステージに向かって6列目でした。

今回はこの一回しかアリーナには入れなかったのですが、そんな席で見れるなんてlovely

それからまだ幸運は続いているのです。

3月19日先日放送になったスマスマ大運動会の観覧に当たって行ってきました。

せっかく東京へ行くので、前日から行きディズニーシーにも足をのばしました。

人気アトラクションは無理だったけど、時間の無い中では回れた方だと思います。

雨の予報だったけれど、シーでは降らず、晴れ女も健在です。

翌日は東京体育館までホテルから新宿御苑の中を通って歩きました。

もう少し時期が遅ければ桜が綺麗だったろうな。

集合は13時で、既にものすごい人、人、人。

後で知ったのですが、6300人位だったそうです。

しばらく並んで館内に入ると、今度はトイレの大行列。

ギリギリで席につくことができ、またその席もラッキーでした。

端の席だったけどスタンドの2列目でしかも、登場や出演者が座るすぐ横のスタンドで、肉眼でしっかり見ることができたのです。

しかも木村君くん側で。

もう彼だけをずっと見ようと決めましたbleah

5人の50M走のスタート位置なんてほんと目の前で、コンサートよりも近くでしっかり見えました。

収録は14時半に始まって、23時過ぎまでありました。

セットチェンジの間は出演者もはけるのですが、木村くんは誰よりも早く戻って来てスタッフと打ち合わせしたりストレッチしたりしていました。

何時間も見ていたのですが、もうとにかくカッコいいの一言につきます。

ヒロミさんと勝村さんとずっと笑って喋っていたり、ストレッチをしていたり、チームの人と対策を話し合ったり、後ろの方の若い出演者もほったらかしにせず話しに行ったり、お水が回っていないとスタッフに声をかけたり、足を痛めたリリコさんをスタッフの元へ連れて行ったり、ゲーム終わりには皆とハイタッチと、とにかくどこをとってもカッコよかったです。

放送ではカットだったけど、玉入れの玉を数える時、160球以上を全てスタンドに向かって投げ入れてくれました。

後で肩を冷やしてたので、そうとう辛かったと思います。

中居くんも終始楽しそうで、ニコニコと周りの人とお喋りしていました。

長い収録だったけど、間の待ち時間も常にSMAPの曲を流してくれていて、嬉しかったです。

いつまでもこの時間が続けばいいなと思うくらい幸せでした。

競技も楽しかったけど、歌の後、最後5人で残ってくれて一言ずつ挨拶をしてくれました。

出演者にファンの行儀がいいと褒められたことがすごく嬉しいと木村くん。

挨拶が終わってさよならした後に、何ともう一度出てきてくれて、5人で手を振りながら一周してくれました。

テレビには写らないとこでも、本当にファンを大切にしてくれるのです。

私にとってあの1日は夢のような出来事でした。

仕事はいろいろストレスもあるけれど、また会えるまで頑張ろうと、元気でいようと思えるのです。

振り返り

2014年は、検査、手術、入院から始まりましたが、無事に年末を迎えることとなりました。

9月には待望のコンサートが始まり、東京、福岡、大阪と楽しめた上、まさかの番協が当たり素敵なクリスマスを先取りし、そして12月24、25はまた大阪でコンサート。

クリスマスソングも歌ってくれて、両日とも4時間にわたる大満足なコンサートでした。

私は24日の晩、地方の友達とちょっと高級なホテルに泊まり、ツリーの写真を撮ったり、部屋でケーキを食べたりしてクリスマス気分を存分に味わいました。

ずっとイブは、ガン発覚からちょうど1年なので覚えていたのですが、当日は楽しくて、去年のこの日だったってことを思い出すこともなく過ぎました。

1年ぶりの大腸内視鏡検査も再発はなくホッとしたところですが、卵巣嚢腫の疑いがあるとのことでまたもや気になるところです。

まさか??って思いも無きにしも非ずですが、3月までは経過観察です。

今年はすごくラッキーで、チケットもそうですが、舞台や番協、懸賞も当たって自分の運に少し驚いているところです。

1月の名古屋3日間も行けることになり、その中には私の誕生日もあって、しかもアリーナのものすごくいい席が当たりました。

パワーをいっぱい受けて2015年もがんばれるといいな。

最高

11月12日 USJ

ひと足早く、とっても素敵なクリスマスを過ごしてきました。

SMAPのファンクラブの番協で、何と2000人に当選したのです。

集合して本人確認後、時間まではUSJ内を自由に過ごせました。

といっても1時間くらいしかなかったので、写真を撮るぐらいしかできませんでしたが。

最集合してからまた長い時間待って、当選番号順にやっと観覧の場所に連れていかれました。

クリスマスのショーを地面に座って見るのですが、ちょうどショーの正面で、後ろの方の芝生に座ることができました。

すぐ後ろにはショーを撮るカメラがたくさんいるステージがありました。

もしかしたら後ろから登場??なんて淡~い期待も抱いていたので、チラチラと気にしていたのです。

時間が来たらすぐにショーが始まったのですが、何やら遠~いところからキャーという悲鳴が聞こえました。

SMAPが移動してきたのかな?と思いながらショーを見ていると、またちょっと悲鳴が。

後ろのステージを見ていると、扉からひとりひとりメンバーが出てきました。

ほとんどの人はショーを見ていて、ほんとに後ろの方に座った人たちだけが気付いた感じです。

5人が並んで、カメラに囲まれて一緒にショーを見ています。

私たちはショーどころじゃなくなって、肉眼で見えるメンバーとショーを交互にキョロキョロ見ていました。

ショーの最後にはクリスマスツリーが点灯され、花火があがり、天使の羽が降ってきて、SMAPと一緒に見れたクリスマスは最高でした。

それから少しの間、カメラの前で何か楽しそうに会話していました。

一旦、居なくなり前のステージでは事前に募集のあったメッセージの上映です。

次々とSMAPへのメッセージが映し出されます。

その中には一緒に行った友達のメッセージも映し出され感激しました。

最後はSMAPからファンの皆へのメッセージで、その後、ショーのステージを使って再びSMAP登場でアメージングディスカバリーを歌ってくれました。

歌が終わるとひとことずつ挨拶して終わりでした。

後ろに居たことを知らない人たちは、あっという間のSMAPだったわけで「えーー!」と声があがっていました。

もしや一番いい場所で参加できたんじゃないかと、今年の運の良さに驚いています。

そして本当のクリスマスイブとクリスマスも、大阪SMAPライブで一緒に過ごせるなんて今年はほんとに幸せです。

ツアー

今年の構成はすっごく盛り上がります。

登場もかっこいいし、アリーナの中も何度も回ってくれて、最高に楽しいです。

毎回、今年が一番いいupと思うけれど、今年も今年が一番いいって思いますnote

予想を超えてくるのがSMAPです。

27時間テレビで新規さんがたくさん増えたようで、まだまだファンは増えそうですね。

今年も友達に協力してもらえたおかげで、たくさん行くことができます。

交換もスムーズにできて、9月の東京は3日間参加できました。

9月大阪はもちろんのこと、11月福岡も、クリスマスの大阪も、1月の名古屋ラストも参加です。

DVDは大阪の分が収録だし、それも楽しみです。

思うようにチケットが手に入り、行きたいと思った公演に全部行けて、こんなにうまくいっていいの?ってくらいです。

職場でも仕事をしない上司が異動になり、まともな上司になってストレスが少し減りました。

慎吾君の梅田の舞台初日も当たったし、ハリーポッターのプレオープンも当たったし、番協も当たったし、小さいことでは無料の寄せ植え講習とかも。

ちょっとどうしたの?ってぐらいの幸運年なのです。

昨年のクリスマスイブは、ガンの発覚だったけど、今年のイブはSMAPコンサートheart

あの時に見つかってなかったら、きっとコンサートも行けなかっただろうし、すごくラッキーなことだったんだなと思います。

あの時から私の幸運ははじまっていたのですgood

レオンと旅行

7月22日から2泊で箱根に行きました。

新しくできたワンコ連れ10室のみのお宿です。

新幹線と登山電車を乗り継ぎ4時間ぐらいかかりました。

強羅駅からは歩いてすぐなので交通の便がいいのです。

Dscn22161


山を登っていく電車ですが、まだ紫陽花がところどころ咲いていて景色を見ていたら時間を感じませんでした。

Dscn22271

リビングと寝室があり、反対側はかけ流し露天温泉とプライベートドッグランです。

Dscn22301

ワンコの備品も余るくらいあって、2日目もちゃんと補充してくれました。

Dscn22401


ドッグラン探索してもい~い?

Dscn22201


全面ウッドチップ敷きです。オープンして数日なのでまだまだ新品。

Dscn22291


遠くに大文字の山が見えましたが、景色はいいとは言えません。

Dscn22341


美肌の湯って書いてあったので、2日間で5回ぐらい入ったかなぁ。

部屋の一角にシャワー室もあります。

Dscn22221


温泉の横にはテラスがあって、涼しい時期なら気持ちいいかも。

Dscn22441


Dscn22471


Dscn22481


食事は朝夕とお部屋に持ってきてくれるので、ひと時もワンコと離ればなれになることがありません。

持ってくるたびにワンワン言わないといけなかったけど(^-^;

豪華でとっても美味しく残さずいただきました。

釜飯もその場で火をつけるので、時間をかけて炊き上げ、デザートまで食べ終わるまで2時間ぐらいのゆったりしたお食事でした。

Dscn22491


おっきなゲージが置いてありましたが、レオンは自分のカバンが一番落ち着くのです。

ワンコのおやつも二袋ありましたよ。

何をするってわけでもなく、温泉入ったりテレビを見たりまったり。

送った荷物にレオンのベッドも入れていたので、夜は寝室に置いて一緒に寝ました。

Dscn22521


朝ごはんもちょうどいい量で美味しかったです。

2日目は、近くに大きな公園があるので歩いてでかけました。

Dscn23071


Dscn22931


Dscn22811


暑かったけど、少し涼しい風も吹いていて、紫陽花ソフトクリームを食べたりベンチに座って景色を眺めました。

公園の前にはコンビニもあり、お昼はコンビニご飯で済ませました。

レオンの食欲も心配していたのですが、いつものご飯をちゃんと食べてくれてお薬も飲んでくれて時々ドッグランに出てみたり、ソファーの上で寝たりしてくつろいでいたようです。

Dscn22691

2日目は、全部違うご飯が出てきて、嬉しかったです。

Dscn23401


Dscn23411


釜飯は松茸ごはんでした。

もちろん朝食もまったく別のものでした。

Dscn23441


食事はどれもこれもほんとに全部美味しくて、残したものは一つもありません。

もっと涼しかったらケーブルカーに乗ったり、観光もできたかなと思うのですが、12歳を過ぎたレオンとの旅行はのんびりがいいと思います。

またこんな風にレオンと旅行ができて嬉しいです。

もっと近くにこんなところができればといつも思います。

お宿は箱根レジーナ雲外荘です。






その後

もうログイン方法も忘れてしまったくらいのご無沙汰です。

手術から半年。

定期的な検査でも異常はなく、ほぼ元通りの体調で毎日を過ごしています。

変わったことと言えば、お腹が弱くなりました。

時々、食べたら下すの繰り返しになり、トイレの無い場所に行くのがちょっと不安なのです。

これも時間の経過とともに治るんでしょうか?

検査の度に、もし再発してたらという気持ちになります。

再発したらもう終わりなんだろうなというこの思いを5年間持ち続けるのかと思うと・・・

でも2年くらいしたら忘れちゃってそんな不安な気持ちもなくなるのかも?

先日、ハリーポッターのプレオープンに当選して遊んできました!

写真は撮ってはダメだったので無いけれど、雨だったけれど、楽しかったです。

お城のアトラクションも並ばずに2回も乗ることができて、バタービールも飲めたし、レストランも入りました。

トイレもハリポタ仕様になっているので、是非行った際はトイレも入ってください。

あと、気になっていたバックドロップにも挑戦しました。

すっごく怖かったけど、Battery♪がテンションあげてくれました。

前向きにも乗ろうと勇気を振り絞って並んでいたのに、雨がひどくなり運休になってしまい、またいつかリベンジしたいと思っています。

もうすぐレオンを連れて、新しくできたとっても素敵そうな温泉旅館に行きます。

27時間テレビも寝ずに見るつもりだし、まだまだ楽しいこといっぱいやっていきます。

退院から1ヶ月

職場も変わらず暮らしも変わらずな毎日ですが、実は大きな出来ごとがありました。

レオンはお薬を飲み続けて、元気にしています。

時々食欲不振にはなりますが、もうすぐ12歳のお誕生日を迎えます。

私は、秋の健康診断でヘモグロビンの値がとても悪く、要再検査と結果が出ていました。

今の職場は、再検査の人は再検査を受けたという証明を医療機関からもらわないといけない仕組みです。

12月になって、そろそろインフルエンザの予防接種をしとかないとと思い、ついでに貧血の再検査を受けました。

そこでも結果はかなりな貧血で、自覚症状はほとんどなかった私ですが、先生に勧められて便潜血の検査をすることになりました。

1週間後の結果で、2回とも陽性なので念の為大腸と胃の内視鏡カメラをした方がいいと言われて、すぐに検査のできる大きな病院の紹介状を書いてもらいました。

クリスマスイブの日、大腸内視鏡カメラを受けました。

その場で、大きな潰瘍があるから手術しないといけないと言われました。

おそらく悪性だということも。

その時の私はまだ大腸がんについて詳しいことは知らなかったので、症状もなく元気だし痩せてもいないし、早期発見だろうと思っていました。

1月の年明けから1日おきぐらいに胃カメラ、CT、バリウム、婦人科検診・・・と検査ばかりで、仕事、検査、仕事、検査の繰り返しの日々でした。

正式な告知があったのは1月4日で、ステージは2か3の進行ガンで、ガンの深さは6段階の4~5だと言われました。

リンパ節の転移も怪しいところがあると。

家系的にいつかガンになると思っていたので、ショックなんかはなかったのですが、ネットでいろいろ調べ始めました。

5年生存率とか・・・転移があったら仕事を辞めようとか・・・今年のコンサートが最後になるのかもとか・・・入院するまでは毎日ネットで調べていろいろ考えました。

1月20日に入院して、翌21日に手術をしました。

腹腔鏡手術で、痛みも回復も早いと聞いていたけど、術後はやっぱりものすごくしんどくて、集中治療室で過ごした一夜は忘れることができないくらいしんどかったです。

それでも翌日からは歩くために尿管もはずされ、痛くてもトイレには自分で起きて点滴を連れていかねばなりません。

歩いた方が早く治るからと、どんどん歩いてと言われます。

早く家に帰りたくて、痛いお腹で点滴と一緒に毎日病室の廊下を何周も歩きました。

痛みは少しずつましになっていくし、食事も手術の翌々日から重湯、三分粥、五分粥となっていき、5日目くらいには普通食になりましたが、とにかく手術後から全く眠気が来なくて、眠れなくて、毎日入眠剤をもらって何とか数時間寝ていました。

もともと家以外では眠れない性質なのですが、しんどいのに眠れないという毎日がとにかく辛かったです。

回復は順調に行き、入院8日目で退院することができました。

心配していたリンパ節への転移もなく、先生も大きなガンだったのに転移がなかったのは儲けものだと言っていました。

なのでステージは2ということになります。

大腸がんは比較的予後が良いらしいので、再発さえしなければ大丈夫です。

職場への復帰は退院10日後。

退院して1ヶ月たった今では、まだ痛みが消えたわけではないけれど、以前と変わらず元気です。

健康診断が私の明暗を分けました。

40歳を過ぎたら、ぜひぜひ大腸の検査をしてください。

私は残念ながら早期発見とはいきませんでしたが、早期で見つけるには、何もなくても検査をするしか方法がありません。

症状が出た時には進んでいる・・・だからガンで命を落とす人が多いのですね。

体験してやっと健康診断と早期発見の大切さがわかりました。

«3000分の1